税理士に相談してみよう!

相続税のことでお悩みの方、一度税理士へご相談ください。 - 相続税を相談するのに適している税理士の見極め方

相続税を相談するのに適している税理士の見極め方

相続税の相談をしたい場合はできるだけ能力がある人物を選んで、可能な限り節税をして納税額を抑えたいのが誰しも思うことです。
ここでは【相続税を相談するのに適している税理士の見極め方】についてお話したいと思います。

■良い税理士の条件

まずは、しっかりと相談者の話をきいてくれる人物かどうかです。
そして、<こんな風にすれば節税になりますよ>と相談者に提案できるだけの経験や知識がある税理士がいいですね。
相談者は素人ですから、知識がない人にもわかりやすく説明できるかどうか――これがとても大切になります。
相談者はとにかく、最後まで話を聞いてほしいです。
特にセカンドオピニオンで意見を求められた場合は、しっかりと問題点を把握するにはしっかりと話しを聞くことが大事ですし、それができないと的確なアドバイスなどできないでしょう。

■信頼できる人物に税理士を紹介してもらうのが間違いない!

またインターネットで相続に長けている税理士を検索できるコンテンツもあります。
いくつかコンタクトしてみて、あなたの希望と見合う税理士を選ぶといいでしょう。
電話やメールよりも、実際に対面するといいです。
どういった人物なのかとか、自分と相性が合うのかどうかも大事ですし、流れで任せてしまっては後で失敗したと後悔することも多いです。
trtrst
充分な知識があり話しをキチンと聞いてくれて、上手に説明できるかどうかを見極めることが大切な鍵になるでしょう。
相続税の申告の経験や頻度を確認しておくことも忘れないでください。
相続税は毎年のように法律や規則が変わります。
そんな細かい情報を一般の税理士が把握しているかというと疑問です。
今回は【相続税を専門にしていない税理士】についてお話をいたします。

■税理士の資格の取り方の三種類

1番目の方法は、税務署に勤務していて、退職したあと税理士になるケースです。
税理士の半分はこのタイプになるでしょう。
2番目の方法は、税理士試験を受験して合格する方法です。
3番目の方法は、公認会計士や弁護士の資格を取得して同時に税理士の資格を得るケースdせう。

■偏っている税理士の知識

現在の税理士の半数は税務署あがりの税理士です。
勤務していた税務署での担当分野には詳しいでしょう。
ですが、それ以外の実務はよく知らないことも多いです。
例えば、法人税については精通しているけれど他の分野は不得意だというケースなどです。
2番目・3番目のコースで税理士になった人たちでも、取り扱った事案が多い案件ほどその分野には詳しくなります。
よく例えられるのがお医者さんの例です。
外科医のスキルアップをするためには手術の経験値がとても大切になります。
これと同じことで税理士も相続税に詳しくなるならば、頻繁に経験しないと知識やノウハウは蓄積してゆきません。
所得税の申告が大部分の業務で相続の担当をするのは5年に1度程度の税理士に依頼をするのは、5年に1度しか手術しない外科医に執刀してもらうのと同じです。

★相続税の申告相談なら『http://chester-tax.com
 税理士法人チェスターにお任せください!!

外科医の世界も税理士の世界と同じで最新の技術や知識を常に吸収しているでしょう。
相続税も毎年、法律や規則が変わって、その都度新しい通達が流されます。
情報を知っておくだけでなく、実際に申告手続きをする場合に対応できなければ意味がありません。

更新情報